除毛石鹸は顔やVIOなどのデリケートゾーンにも使えるの?

除毛石鹸は顔やVIOなどのデリケートゾーンにも使えるの?

顔やVIOなデリケートな場所のムダ毛ケアはなかなか難しいですよね。

脱毛サロンやクリニックで脱毛するのも手段ですが、それだとかなり高額な費用がかかってしまいます。

かといって家でケアするとなると、肌に負担がかかりますし・・・

カミソリで処理を繰り返した結果酷く肌荒れしてしまったり、黒ずみの原因になってしまうこともありますよね。

そんな心配をしている方は除毛石鹸を試してみてはいかがですか?除毛石鹸なら肌に負担をかけず、ムダ毛のケアをして行くことが出来ます。

除毛石鹸は顔に使える商品が多い

除毛石鹸は顔に使ってもOKとなっている商品が沢山あります。

なので、例えば頬や口の周りのうぶ毛が気になる・・・なんて方は除毛石鹸でケアするのも手段。

除毛石鹸はイソフラボンや豆乳発酵液など毛の生える速度を遅くするなどの効果が期待できるので、その結果ケアする回数が減り、肌への負担を減らすことが出来ます。

また、パパインやブロメラインなどタンパク質を溶かす効果が期待できる成分が含まれていたりするため、使い続けることで毛が細くなったと実感する方もいるようです。

顔に使う場合はまゆげなどは避けて使用しましょう

除毛石鹸を顔に使用する場合、気を付けなければならないのはまゆげなど、除毛したいと思わない場所には着けないこと!ですね。

除毛石鹸に含まれている成分の効果でまゆげが薄くなる・・・なんて可能性もゼロではないので気を付けましょう。

ただ、うっかり少しだけ泡が付いてしまった!なんて程度でいきなりごっそり眉毛が抜ける、なんてことは無いので、過度に心配する必要はありません。

脱毛クリームが眉毛に付いたら大変ですが、そこまでの即効性はないので、一応気を付ける程度で大丈夫でしょう。

除毛石鹸はVIOなどのデリケートゾーンにも使用できる

除毛石鹸の除毛・抑毛効果は天然由来の成分によるものがほとんどなので、デリケートゾーンへの使用も基本的にはOKです。

ただし、これは当然個人差があるものですし、絶対に使って異常が出ないという意味ではありません。

ですからデリケートゾーンに使用する場合はまずパッチテストをした方が良いでしょう。少量を使ってみて、赤くなるなど異常が感じられないことを確かめ、使用することをおすすめします。

顔やVIOにも使用する場合は必ず事前に成分をチェックしましょう

顔やVIO等のムダ毛を除毛石鹸でケアしようと考えているなら、必ず購入前に成分をチェックしておきましょう。

先ほど少し触れたとおり、除毛石鹸の除毛効果・抑毛効果は天然由来の成分によるところがメインです。

例えば毛の成長を遅らせる抑毛の効果は「ラレアディバリカタ葉エキス」や「ダイズ種子エキス」「豆乳発酵液」等の成分が担当。

タンパク質を分解する除毛の効果は「パパイン」「ブロメライン」「パイナップル果実エキス」などが担当ですね。

これらの成分は天然由来の成分なので、肌への負担も少ないと考えられます。

 

しかし、中には「チオグリコール酸カルシウム」という除毛クリームに含まれている成分を含む除毛石鹸もあるので注意して下さい。

チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を溶かす効果があり、非常に即効性があります。除毛クリームで毛がごっそりと取れるのはこの成分が入っているためですね。

しかしその分肌への負担も強くなるので、こうした成分が入っている場合はデリケートゾーンへの使用はおすすめできません。

なので、顔やVIOへの使用を考えている場合はチオグリコール酸カルシウムを含まない除毛石鹸を選ぶようにしましょう。

まとめ

除毛石鹸は顔やVIOのムダ毛をケアする事が出来る数少ない商品です。

もちろん個人差はありますし、即効性はありませんが、自宅で手軽にムダ毛ケアができるのは魅力ですし、肌に負担をかけない点もポイントですよね。

顔のうぶ毛をケアしたいけどカミソリだと肌荒れしてしまう・・・なんて方は一度試してみてはいかがでしょうか?