除毛石鹸はアトピーでも使える?注意点をまとめてみた

除毛石鹸はアトピーでも使える?注意点をまとめてみた

除毛石鹸は天然成分が主なので、肌への負担が少ないのが特徴です。

では、除毛石鹸はアトピーがあっても使えるのかどうか?気になりますよね。

そこでここではアトピーがあっても除毛石鹸が使えるかどうか?まとめてみたいと思います。

程度にもよるが、アトピーでも除毛石鹸は使用可能

まず結論から言いますと、アトピーの程度にもよりますが除毛石鹸は使えます。

最初に触れたとおり、除毛石鹸は天然由来の成分が主なので他の脱毛手段に比べれば肌への負担は少なく済みます。

例えばカミソリを使ってムダ毛を処理するよりも肌への負担は減らせますし、自己処理をせずに済む状況になれば、アトピーを悪化させにくいとも考えられます。

なので、アトピーの症状が軽度であれば、使用できる可能性は高いと考えて良いでしょう。

使用する場合は含まれている成分に注意

アトピー肌の方が除毛石鹸を使う場合、気を付けたいのは含まれている成分です。

繰り返しになりますが除毛石鹸は大半の成分が天然由来のものですし、無添加を謳っているものであれば肌への負担も少ないと考えられます。

しかし、中にはチオグリコール酸カルシウムを含んでいる商品もあるので、この点に注意しましょう。

チオグリコール酸カルシウムは除毛クリームや除毛スプレーの主成分で、毛のたんぱく質を溶かす効果があり、この効果で除毛をしています。除毛クリームなどがわずか10分程度でムダ毛を処理できるのはこの成分によるところが大きいですね。

ただ、このチオグリコール酸カルシウムは少なからず肌も溶かしているため、やっぱり肌への負担は少なくありません。なので、出来ればチオグリコール酸カルシウムを含まないモノを選ぶ方が良いでしょう。

除毛石鹸はパパインやブロメラインなど、天然由来でタンパク質を分解する成分を含んでいる商品がありますし、そちらを使う方が肌への負担は少なく済みます。

もちろんチオグリコール酸カルシウムが含まれていたら必ず肌荒れを起こすという話でもありませんが、できる限り肌に優しいものを・・・と考えるならこの点はチェックしておきましょう。

パッチテストは必ず行いましょう

また、アトピー肌の方は除毛石鹸を使う際、パッチテストは行うことをおすすめします。

いきなり全身に使って肌荒れを起こしたり、アトピーを悪化させてしまったらシャレになりません。

ですからまずは部分的に除毛石鹸を使ってみて、かゆみや赤みが出るなどの異常が無いか?確認しておきましょう。

特に異常を感じなければ全身に使う、という形がやっぱり安全です。

アトピーがあっても脱毛サロンやクリニックで施術は受けられる

ちなみにアトピー肌でも脱毛サロンやクリニックで施術を受けることは可能です。

もちろん無条件で受けられるわけではありませんが、肌の状態を見ながら施術を受ける形は取れますので、例えば永久脱毛など、しっかりムダ毛を処理したいという場合は一度サロンやクリニックに相談してみるのも手段です。

サロンによっても対応は異なりますし、使用している脱毛器も異なるので、気になる方は一度カウンセリングを受けて相談してみると良いでしょう。

ただ、やっぱりこの場合は費用がかなりかかりますし、肌への負担も強いので注意は必要ですね。

手軽に安価で、と考えれば除毛石鹸の方が適しているように思います。

まとめ

というわけで、アトピーの程度にもよるが、除毛石鹸は使用可能です。

ただ、使うならチオグリコール酸カルシウムを含んでいるかどうか?そして全身に使う前にパッチテストを行い、異常が出ない事を確認するなど、気を付ける点は気を付けて使用するとより安全に利用できるはず。

こうした点は意識して、ムダ毛のケアに役立てましょう。